5-ALAとは ~ 5-アミノレブリン酸

新型コロナウイルスの増殖を100%阻害する

長崎大学北潔教授のチームにより、5-ALAが新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するという内容の論文が発表されました。
それから一気に注目された5-ALAとはなんなのでしょうか。

国際誌『Biochemical and Biophysical Research Communications』
論文『5-amino levulinic acid inhibits SARS-CoV-2 infectionin vitro』
※発表された論文 ヒトの臨床試験ではなく試験管内での試験ですが、2021年現在はヒトへの臨床試験も開始されています。また、コロナウイルスだけでなくインフルエンザウイルス等への効果も従来より確認されております。

正式名称は「5-アミノレブリン酸」で 5-ALA(5-Aminolevulinic Acid :ファイブアラ)と呼ばれている天然アミノ酸であり、ヒトや動植物の体内で作り出され、多くの食品や真菌、細菌にも含まれております。
※5-ALAは1日約700㎎ほどが体内で製造・消費されます。
※しかし17歳をすぎると体内で作り出される5-ALAの生産量はどんどんへっていきます。

5-ALAはミトコンドリア内で生産され、それが8つあつまるとプロトポルフィリンエイト(PPIX)という物質になり、さらにPPIXに鉄を取り込む事でヘムになります。ヘムとは血液中にあるヘモグロビンを作り出す為に必要な物質であり、ヘムが増えるとミトコンドリアが非常に活発(元気)になりヒトが活動するエネルギーが生み出されます。ミトコンドリアとはヒトの体を構成する約60兆個もの細胞1つ1つに存在するエネルギー生産器官です。その数は1つの細胞につき約200~1,000個ほど存在しており、莫大なエネルギーを消費する心臓にもっとも多くみられます。
※植物の場合光合成をする為に必要なクロロフィルの材料にもなっています。
※ここで登場するPPIXも素晴らしい役割があり疾病の診断や治療にも用いられております。

5-ALAはミトコンドリア内で生産されてから、一旦細胞内へ吐出されますが、やがてミトコンドリア内に戻ります。こういった性質があることから、経口摂取により5-ALAを取り込むと、胃の細胞内にうまく入り込み生体内で作り出された5-ALAと混ざり、ミトコンドリア内に取込まれます。その為5-ALAの吸収は他の成分と違い細胞内(ミトコンドリア内)に取込まれやすい性質があると考えられます。

今回、新型コロナウイルスの増殖抑制効果が発見されましたが、従来は5-ALAを体内に取り入れる事により、結果的にヘムが増え、ミトコンドリアが活性化し、貧血予防、内臓脂肪の蓄積抑制、育毛効果、糖尿病の治療と予防、疲労回復、睡眠改善、若返り、サルコぺニアの改善と予防、鬱、アルツハイマーの改善、免疫力の向上などさまざまな効果がさるとされており長く研究されておりました。
※動物性タンパク質にもヘムは多く含まれますが、ヘムを経口摂取しても胃で分解され細胞まで届くのは非常にごくわずかとされていますので、5-ALAを経口摂取する方が理想ともされています。

ヘムが増えるとなぜいいのか?

ヘムが増えると先にあげたようにミトコンドリアが活性化し、ヒトが生活するうえでのエネルギーを生み出す事はもちろんですが、ある一定量以上のヘムが存在することで今度は抗酸化物質を作り出します。この抗酸化物質が体内の酸化を予防し過度な細胞破壊を食い止めるという役割に繋がります。 また、スキンケアの分野では5-ALAを取り入れる事でコラーゲンやヒアルロン酸が増加し、肌の水分量や弾力量が向上するという研究結果もでております。

この非常に重要なアミノ酸(5-ALA)は、食品では「タコ」や「イカ」「バナナ」「黒酢」に多く含まれております。また飲み物では「日本酒」や「ワイン」にも含まれています。

第二回5-ALAサイエンスフォーラム活動レポートを参考に5-ALA量が多い順に食品をご紹介いたします。
※100gあたりの食品中に含まれる5-ALAの量 単位:μg(マイクログラム)

黒酢(150)、ワイン(110~)、日本酒(70~)、タコ(78.4)、イカ(38.4)、バナナ(31.6)、納豆(25)、醤油(22)、ソース(21.2)、巨峰(13.6)、ピーマン(18.1)、ほうれん草(13.8)、トマト(9.8)、牛ひき肉(9.8)、じゃがいも(7~)、豚ひき肉(5.6)、大豆(5~)、鶏ひき肉(4.3)などございます。


これら食品に含まれるからと積極的に摂取しようとしても新型コロナウイルスを阻害するに至るまで取り入れるには、大量な食品量が必要であり現実的には不可能です。例えば、50㎎の5-ALAを取り入れるには、納豆の場合200㎏(0.025mg/100g)、ほうれん草の場合300㎏が必要となります。

その為、手軽にサプリメントをつかって5-ALAを取り入れるのが理想的です。
近年、5-ALAは微生物発酵法により人工的にも作り出すことが可能になっております。
※実際に1日何mgの5-ALAを接種すると抗ウイルスとしての効果が発揮されるかは、現段階ではまだ発見されておりませんが臨床試験を経由して日々研究されております。2021/10

参考文献:5-アミノレブリン酸を用いたPDD、PDTの現状と将来、および厚生労働省HPによる情報より



こちらの記事もよく読まれています。

  • ハイドロキノンについて 今話題の美白成分ハイドロキノンとは?
    今注目されている肌の美白剤、ハイドロキノン。
    その正しい使い方や疑問点、副作用について解説します。
    記事を読む
  • シミ読本 悩めるシミ原因は? 予防はできないの?
    シミにはいろいろ種類があり、できる原因にもさまざまなものがあります。
    メカニズムや対処・予防についてお話します。
    記事を読む
  • ビタミンCのハナシ 知っておきたいビタミンCの美容効果
    ビタミンCは美肌に効果があるのはとても有名です。
    では何故効果があるのか? もっとビタミンCを知って美肌づくり♪
    記事を読む
  • ファイブアラ 5-ALA(5-アミノレブリン酸)とは?
    新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するという内容の論文が発表され
    一気に注目を浴びている5-ALAについて解説します。
    記事を読む
  • 紫外線のハナシ 美白のために!紫外線と上手に付き合う工夫を。
    紫外線を知ることで光老化から肌を守り、
    日焼け、しみ、しわ、たるみを予防しましょう。
    記事を読む
  • ニュートロックスサン 飲む日焼け止めと言われるNUTROXSUNとは
    美容意識の高い方の間でリピーター続出の紫外線対策を目的にした、
    サプリメントの主成分です。
    記事を読む
  • ハトムギ ハトムギの健康効果や治療効果とは。
    栄養満点で穀物の王様と呼ばれているハトムギ。
    肌トラブル解消だけではなく、さまざまな健康効果があるとされています。
    記事を読む
  • コエンザイムQ10 コエンザイムQ10とは。
    身体的疲労感の軽減に役立つことが報告されている話題の成分コエンザイムQ10。
    その効果と副作用 メリットデメリットをお教えします。
    記事を読む
  • エクオール エクオール産生人間になると。
    女性の美しさや若々しさを手助けしてくれるエクオール。
    エクオールを"つくれる"ようになるには。
    記事を読む
  • プラズマローゲン プラズマローゲンとは。
    認知症の症状を改善することが世界で初めて証明された
    体内にある自然の物質プラズマローゲン。その主な働きについて。
    記事を読む