いつまでもキレイをプラスするヒミツのアイテムで、あなたのキレイをもっとキレイに。 プラスキレイ
美容皮膚科で人気の美白成分 ビタミンCの効果

「ビタミンCが肌に良い」という情報を聞いたことがある方も多いと思います。
実際、ビタミンCには肌の弾力や潤いを保持する効果をはじめ、皮脂分泌の抑制、色素沈着の防止、メラニンの生成抑制、肌荒れや炎症を抑える効果など、美肌・美白には欠かせない様々な働きがあることが分かっています。
ただ、ビタミンCは空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと働きが失われてしまうなど安定性が悪いことと、肌へ浸透しにくいという難点もあり、化粧品への配合は難しい成分とされてきました。

また、ビタミンCは濃度が高いほど効果を発揮するのですが、濃度の高いビタミンCを肌に塗るとヒリヒリするなど皮膚トラブルを引き起こす原因となる場合もあり、安全な使用法については長年研究が続けられてきました。

一般的にこれらのビタミンCの弱点を改良したものがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は角質層への透過をよくし、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離でビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。

ビタミンC誘導体にはその効果や目的に合わせ、「水溶性ビタミンC誘導体」と「脂溶性ビタミンC誘導体」の2種類があります。
また、最近は水溶性と脂溶性両方の性質を持つ「ハイブリッド型・新型」と呼ばれるビタミンC誘導体も登場し、注目を集めています。

ハイブリッド型(新型)ビタミンC誘導体は皮膚になじみやすく、刺激がない、即効性が高い、浸透力が高いなど水溶性・脂溶性双方の良い部分を兼ね備え、さらにこれまでの誘導体に比べて1/10以下の濃度で同等以上の細胞内にとどまる効果が得られるとされています。

ビタミンC誘導体は美白効果のある医薬部外品として販売されていますが、商品名に“ビタミンC誘導体”という言葉を使うことは厚生労働省で禁止されています。
そのため、もし商品名に“ビタミンC誘導体”と書かれていたら、それは化粧品としての認可を受けた商品ではなく、雑貨レベルのものである、ということ。
そのような商品は万が一安全性に問題があっても保障はされませんので、商品選びの際はぜひ気を付けましょう。


また、ビタミンC誘導体ではなく、ピュアビタミンCを真皮層にまですばやく届ける技術として、両親媒性(水にも油にも溶ける技術)に注目があつまっております。