LINE インスタグラム ツイッター ファイスブック
当店では「Amazonペイメント」「楽天ペイメント」、2つの決済が利用可能です。
ホルモンバランスの乱れるが肝斑(シミ)の原因

「ホルモンバランスと深く関係する肝斑」 多くの人が悩まされている更年期障害。男性も発生しますが、特に女性に多い悩みとなっています。

閉経の前後10年くらいの女性に多く発症するとされています。
卵巣の機能が衰え、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減ります。


更年期障害の初期症状として、生理不順・イライラや不安・のぼせやほてり・不眠・動悸息切れ・めまい・頭痛・異常な発汗などがあります。
この初期症状から進行すると、食欲不振や関節痛・手足の震えやしびれ・頻尿・皮膚の乾燥・膀胱炎・膣炎・知覚過敏などの症状が発生します。

更年期障害の一番の原因は先にも記載したとおり、女性ホルモンの減少です。(また、肝斑(シミ)の原因にもなります)

女性ホルモンには、血流を良くしたり、善玉コレステロールを増やしたり、骨の維持に脳の活性化という重要な役割をになっています。
その症状の程度に差があるだけで、更年期障害は誰にでも起こります。

几帳面な人や、責任感が強い人、ストレスを受けやすい人は、精神的な更年期障害が出やすいので要注意です。

更年期障害がまだ軽度の場合、食生活の見直しやストレスを解消することによってかなり症状を改善することが出来ます。
特にビタミンEやポリフェノールを摂取することで、改善に向かうということが分かっています。

症状が少し重い場合、病院での治療になるかと思います。

病院ではホルモン療法や漢方薬などを使い、心理療法を行います。

ホルモン療法は減った女性ホルモンを補充することによって症状を和らげます。
しかし、ホルモン療法は副作用があり、リスクが高い方法と言われています。

漢方薬の場合、効果が出るまで時間がかかります。しかし副作用も少なく、ホルモン治療ができない肝機能障害がある人や、高血圧の人には多く用いられています。

また、更年期障害は若い世代にも起こる可能性があります。
無理なダイエットなどが原因によって、更年期障害の症状が発生します。これを若年性更年期障害といいます。若いからといって安心はできません。
やはり日々の生活を規則正しく、ストレスが少ない生活を起こることが大事です。

更年期障害は病気といえば病気ですが、女性なら必ず起こるといってもいい症状です。
上手に付き合っていく必要があり、周りの理解と助けが必要です。奥様やお母さんが意味もなくイライラしていたり、
疲れやすいようであれば更年期障害の可能性があります。

自分でコントロールできるものではありませんので、理解しいたわってあげましょう。

ホルモンバランスを整える目的に「プラセンタ」という選択肢もあると考えます。ホルモンバランsぬの乱れは、肝斑(シミ)の原因にもなるので注意して下さいね。